スタジオ30では、“ 作って、歌って、CDにしたい!” そんな貴方のお手伝いをしています。
最愛のご家族やお友達、そして、あなた自身に贈る、「あなただけのCD」をリリースしてみませんか?

オリジナル曲の作詞・作曲・アレンジからレコーディング(録音)、CD制作まで、トータル プロデュースでお手伝いしています。制作の流れはこちら

全国からこんな依頼をいただいてリリースしています

  • 愛知から (60代 男性) <オールドファッションストリート>
    「とにかく60年代フォークが好きで好きで、自作曲は何十曲。ちゃんとカタチにして、仲間に聴いてもらいたくって。」
  • 沖縄から (60代 男性) <美しい人>
    「定年を迎え、新たな人生の始まりに、ゆっくりと我が人生を振り返り、歌にしてみるのも一興かと。」
  • 岐阜から (30代 夫婦) <Swear >
    「結婚式で、僕たち二人のストーリーを歌にして、BGMに使いたいな。披露宴で歌っちゃうのもありかと。カラオケも用意してもらえますか?」
  • 静岡から (20代 女性) <風に揺れる>
    「 就職で地元に帰る私。学生時代を過ごしたこの街を忘れないため、思い出を歌にしておきます。」
  • 愛知から (70代 女性) <母慕情 >
    「歌謡教室で歌うことの喜びを学びました。是非、一生の思い出・記念として、私の十八番をCDにしたいのですが。」
  • 愛知から (60代 男性) <アロハの歌>
    「憧れのハワイへの思いを、フラダンス教室の生徒さんたちと分かち合いたいなあ。」
  • 奈良から (50代 男性) <町家の雛めぐり>
    「 高取の町並みを綴った歌で、この街の素晴らしさを伝え、町興しに役立てたい。」
  • 千葉から (30代 男性) <アヴェ・マリア>
    「 子供の頃から習ってきた声楽。仕事仲間に聴かせたい、 私が熱唱する、“アヴェ・マリア”を!!」
  • 熊本から (60代 男性) <僕の故郷 >
    「生まれ故郷を歌にして、地元の仲間に伝えたい。 サブちゃんのような壮大な演歌に仕上げて下さい。」
  • 上海から (50代 男性) <霧雨の上海>
    「勤続30年、この異国の地で生きてきた証、 そして望郷の念を歌い上げ、一枚のアルバムにしたい。」

難しい知識や技術は全く必要ありません。 歌にしたい思い(歌詞)と気持ち(メロディー)だけ、ご用意下さい。
さあ、あなたはどんなアルバムをリリースしますか? 

stuido30プロデューサー作品のご紹介

作詞・作曲・編曲・制作:みわかつお
ロック・ポップス・ジャズから演歌・歌謡曲まで作ります。あなたのイメージを膨らませるため、是非、参考になさって下さい。

作品集はこちら

おすすめ

  • 嵐になれ <ロック系>
  • Cradle <バラード系>
  • Hip Eyes Girl <ダンス系>
  • An Express To You <ジャズ系>